9人の天使を愛でる

みんなかわいいぺろいだいすき twitter @__piyo59

ジャニヲタ創世記

 

わたしがHey!Say!JUMPにハマるきっかけの大元は、夏休みに何気なく4chをつけてPON!を見ていた時に(調べた結果2014.07.18の回だと思われる)金田一少年の事件簿の番宣に来た山田涼介くんを見たことである。

f:id:ryhr121114:20161018202347j:image

その時の写真ないのでこんな感じだったなってことだけあげておきます。

 

「えっ、これってあの山田涼介?!世界一カッコいいじゃん…」

 

となった。

 

正直、ほんとに正直な話、小学五年生ぐらいの時から、周りのジャニヲタ(というか普通の女の子たち)はみんな

山田涼介!かっこいい!知念くんかわいい!画像ちょうだい!あげるね!」

とかめちゃめちゃ言ってたし送られてきてたし、

中学生の時の吹奏楽部時代の先輩(まあまあヤンキー)も

山田涼介知念侑李♡(こういうの学校のカバンにポスカで書く)って感じだったし、

みんながHey!Say!JUMP好きで、カラオケに行ってもUMPやシャドーボーイをめちゃめちゃ歌われたり歌わされてた

…のにも関わらず、わたしは

「えっ全然かっこよくないジャニーズの良さがわからない…阿部寛のがかっこいい」

とガチで思ってるタイプだったんですよ。

中学3年生の時、まだデビュー前のキスマイのヲタクが

7co1(とても懐かしい)の中に2人いたのに

「えー誰もかっこよくない…」とか言ってたし(いまはしっかり玉森くんを愛でてます)

7co1(略)に松潤担もいたのに

「眉毛濃いわ〜〜」(いや阿部寛のが濃いだろ)

とか言ってたんですよ、要するに、

「ジャニーズ全然好きじゃなかった」んですよ。

なのに大学一年生になって急に、

山田涼介はめちゃめちゃかっこいい」

ということを知ってしまったんですよ。

ですが、そこからは何枚か写真を集めたりはしたものの、

「まあ言ってもイケメンだな」ぐらいの興味しかなく、番宣してた金田一も全く見ずに、その時は終わりました。

その後の24時間テレビなどは妹(V6ヲタ、現在元気に髙木担)が見てて、サラーっと内容把握はしてて、そこでまたツイッター山田涼介の画像に出会ってしまい(めちゃめちゃかっこいい)

f:id:ryhr121114:20161018202442j:image

「痩せてる!かっこいい!!!!!」

となりつつもまた落ち着きました。

そしてほんとにはまったトドメですが(ここまですごく長い)、

2015.11.25 ベストアーティストでした。

ジャニヲタにとっての大事件、田口くんが辞める発表をしたヤツです。(わたしですらめちゃくちゃ驚いた)

ここでキミアトラクションとAinoArikaを歌ってるのを見て

「男性複数人がワチャワチャしてるのとても最高」

と、ツイッターでつぶやいてました。気持ち悪いですね。

それからというもの、画像を集めまくり、動画を漁りまくった結果、

この人に一生ついていくんやで…と思うことになった動画と出会いました。

愛のかたまりを歌っている山田涼介くんの動画です。

ダンスめっちゃうまいし歌めっちゃうまいし

顔かっこいい顔かっこいいー!って感じで

もう完全にこれは抜け出せないってところまで来ました。

それからはほんとに早くて(ここまで1年半ぐらいかかったくせに)、高校時代の八乙女担(この子にはほんとに感謝してます)に連絡して、Hey!Say!JUMPのヲタクとして生きていくことになりました。

ただ11月後半にはまってももうかなり遅いのでカウコンには行けなかったです。無念。

そこからとりあえずファンクラブには入ろう!と思いファンクラブに入りDVDを2012.2013.2014をamazonでポチって、家でみました。

言い忘れていましたが元来二次元のヲタをやっていたので、コンサートDVDで成人男性がイチャイチャしてるのを見たときには、ちょっと脳震盪を起こしました。

わたしはこんな世界があるのを知らなかったのです…!!

そこで元々イケメンがだいすきなわたしは、

中島裕翔くん…かっこいい…

伊野尾慧くん…かわいいかっこいい…

知念侑李くん…めちゃめちゃかわいい…

となりました。妥当ですね。

もうまじで、

「お前はなんで早くジャニヲタにならなかったのか」

と自分を責めました。そのぐらいには本当にアレだったんですよ。衝撃だったんです。

ここからさきはただヲタ活してるヲタクなので省きますが、

現在 山田涼介くん自担、岸優太くんと有岡大貴くんリア恋という状態までいきました。

他グループの好きな人(自担ではない)とかについては、またいつか書きたいです。

こんなに長い文章読んでくれて(読んでる人はいるのか)、ありがとうございました。